おすすめ授乳服コレクション HOME » 授乳時の悩みにお答えします! » 授乳中の飲酒と喫煙はやっぱりNG?

授乳中の飲酒と喫煙はやっぱりNG?

授乳中の喫煙やアルコールって、実際どうなの?母乳を通した赤ちゃんへの影響をまとめています。

タバコとお酒は、赤ちゃんにどう影響するの?

一般的に妊娠中や授乳中は、避けるべきと言われているアルコールと煙草。

授乳期が終わるまで、きっぱりとやめることが望ましいのは言うまでもありません。

しかし、産後、慣れない赤ちゃんとの生活や睡眠不足が続くストレスから、「ちょっとだけならいいかな…?」と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

もし授乳中に飲酒・喫煙をしたら…赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか。

「飲酒後30~90分」の授乳は絶対NG

ママがビールや焼酎などの酒類を飲むと、含まれているアルコール成分が吸収され、血液を通して全身にまわります。

そのため、飲んだお酒のアルコール成分が母乳の中にも含まれてしまいます。

母乳中に含まれるとされているアルコール分は1%程度。

けれども、赤ちゃんは肝機能や内臓機能が大人に比べて未熟なので、少量のアルコールでも皮膚に湿疹が出るなどの反応をおこしたり、急性アルコール中毒を発症する危険性も、決して低くはありません。

特に、飲酒後30分~90分経ったくらいが血中のアルコール濃度のピークとなります。したがって、この時間帯に赤ちゃんに授乳することは避けてください。

授乳中の飲酒は、どうしても母乳に影響が出てしまいますので、できる限り控えたほうが無難です。

ただし、どうしても飲みたいという場合は、

  • 飲酒したあと2時間半以上おいてから授乳する
  • 1日350mL程度までに留める
  • 蒸留酒よりは醸造酒(アルコール分が低い)を選ぶ

など、飲む時間帯や量を意識し、赤ちゃんに極力アルコールのまじった母乳を飲ませないように気を付けることをお勧めします。

授乳中の煙草は、やっぱりやめましょう

煙草もアルコールと同様、ニコチンが血液中から母乳に移行します。

ニコチンは母乳中に移行すると元の2~3倍の濃度に増えてしまう性質があるため、赤ちゃんへの危険性がとても高いと言えます。

さらにニコチンは血管を収縮させ、血液の流れを滞らせる働きがあります。

そのため、そもそも母乳の質も落ち、詰まったり乳腺炎などのトラブルになりやすくなるとともに、赤ちゃんにも多くの悪影響が懸念されます。

ニコチンの赤ちゃんへの影響

  • 頻脈、嘔吐、下痢などを発症しやすい(虚弱体質)
  • 中耳炎の発症リスクが高い
  • 気管支炎・喘息などの、呼吸器系の病気にかかりやすい
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが非喫煙者の5倍

また、1歳くらいになって手に持ったものを何でも口に入れるようになると、煙草の誤飲事故によって命に関わる危険性があります。

やはり煙草は、どんなかたちであっても、できる限り赤ちゃんに摂取させないほうがよいようです。

いっぽうで、「煙草をやめられないからミルク育児に切り替える」という人もいます。

ニコチンの危険から赤ちゃんを守るためにはそのほうが望ましいのですが、ミルクのみで育てた場合のデメリットもあります。

それは、母乳中に含まれるさまざまな免疫成分が赤ちゃんに行きわたらないということ。

そのため、感染症にかかるリスクが高まるということも見逃せません。

赤ちゃんへの悪影響が目白押しのアルコールと煙草…。

産後のストレスからの息抜きにしては、ずいぶん高いリスクだと思いませんか?

やはり、授乳中の煙草とアルコールは、できる限り控えるべきだと言わざるをえませんね。

ステキな授乳服ゲット! ウェブショップBest3

1位!
ミルクティー

  • アイテムの
    豊富さはなまる
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンスはなまる

2位
ミル・フェルム

  • アイテムの
    豊富さ△
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンス◎

3位
モーハウス

  • アイテムの
    豊富さ△
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンス○
Pagetop