産後太りを解消したいのだけど…

産後太りをスッキリ解消したい!授乳中でも簡単にできる産後ダイエットをまとめています。

「骨盤矯正」「エクササイズ」「食事」…授乳中でも無理なくできる産後ダイエット

妊娠中の女性は、平均して約8~13kgほど体重が増加すると言われています。

体重増加は、お腹の中で育つ赤ちゃんに栄養を運んだり、大きくなったお腹を支えるために必要なこと。

ですが、出産後、すぐに元の体重に戻るわけではありません。

出産で身体の外に出るのは、赤ちゃんや羊水、胎盤などを合わせてもほんの4kg程度。

残りの4~9kgは、脂肪としてママの体に残ってしまいます。

体重は、産後自然に減少していく場合も多いのですが、骨盤の緩みなどが影響されて、下腹部の「ぽっこり」が残ってしまい、なかなか体型が戻らない…という場合も多いようです。

産後の赤ちゃんのお世話や昼夜を問わない2~3時間おきの授乳など、ハードな日々が続くなかで、気分転換にもなり、ダイエット効果も期待できる方法をいくつか紹介しましょう。

骨盤矯正

赤ちゃんを産んだ後の骨盤は、本来の「逆三角形」の形から、下側が緩んだ「台形」のような形になっています。

この緩んだ状態をそのままにしてしまうと、内臓が骨盤の中に落ちたり、内臓を守るために皮下脂肪がついてしまったりして、「ぽっこりお腹」が戻らないという状態になります。

このような場合は、整骨院や整体院などで、開いたりゆがんだりしている骨盤を元に戻してもらうことと、「正しい位置に骨盤を固定」しつつ生活することがオススメです。

整体などでは、一度の施術で骨盤は一時的に元の位置に戻りますが、筋肉や姿勢の癖などによってすぐに歪んだ状態に戻ってしまいます。

そのため、正しい位置に戻した骨盤を、骨盤ベルトや産後ガードルなどで固定して生活することで、骨盤周りの筋肉を正常な状態に整え、下腹部太りを解消する効果が期待できるのです。

エクササイズ

余分な脂肪を落とすのに効果的なのは、やはりなんと言っても運動です。

適度な有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果があり、妊娠中についた脂肪を確実に減らしてくれます。

特に産後6ヵ月くらいまでの脂肪は水分を多く含み、流動的なので、この時期の適切なケアはダイエットにとても効果的です。

とはいえ、産後すぐからエクササイズを始めるのはNG。

子宮の状態が元に戻り、体調も落ち着いた産後3ヵ月頃から、少しずつ始めると良いでしょう。

初めは赤ちゃんを抱いた状態でのスクワットや、股関節周りのストレッチなどで無理のない程度に。

体がほぐれてきたら、赤ちゃんと一緒に外に出てウォーキングするのがオススメです。

全身を使うゆっくりした運動なので、妊娠中に偏ってしまった筋肉を徐々に鍛えていくことができます。

ママと赤ちゃんの気分転換にも有効ですし、1日30分程度からでもよいので、無理のない範囲で定期的に続けてみてください。

食事療法

ダイエットと言えば食事(=カロリー摂取)制限が定番ですが、産後、授乳中は、過度な食事制限はおすすめできません。

ママの食事内容がそのまま母乳の源となるため、特にエネルギー源となる炭水化物はあまり控えないようにしてください。

ただし、メニューの見直しは効果的です。

脂質や乳製品、糖分などを控えめにし、根菜類や魚、薄味のお味噌汁を中心とした和食を心がけることで、必要なエネルギー分を摂取しつつ、脂質が体にたまりにくなり、充分なダイエット効果が見込めます。

また、和食中心のメニューは、母乳の質も良くしてくれるため、詰まったり、炎症をおこしたりといった、トラブルのない母乳ライフのためにもおすすめします。

ステキな授乳服ゲット! ウェブショップBest3

1位!
ミルクティー

  • アイテムの
    豊富さはなまる
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンスはなまる

2位
ミル・フェルム

  • アイテムの
    豊富さ△
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンス◎

3位
モーハウス

  • アイテムの
    豊富さ△
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンス○
Pagetop