【特集!】賢い授乳服の選び方

使いやすくて長く着られる授乳服ってどれ?「使える」授乳服選びのポイントを紹介しています。

授乳服はインナー&トップス&ワンピースがマスト!

おっぱいを飲んでいる赤ちゃんの姿はとってもかわいいもの。

母乳育児は、赤ちゃんへの最適な栄養や免疫を、いつでも待ち時間なくあげられるなど、たくさんメリットがある方法です。

いっぽうで、母乳育児は「授乳の頻度がとにかく多い!」という一面もあります。

母乳はミルクよりも消化が早く、たっぷり授乳した後でも1時間半程度で完全に消化され、赤ちゃんのお腹は空っぽになってしまいます。

そのため、2~3時間起きの授乳が必要で、1日約8~12回程度授乳することがほとんどです。

ちょくちょく授乳タイムがある母乳育児ママにとって、胸をさっと出して授乳できるファッションは必須とも言えるもの。

必ずしも授乳服を購入する必要はありませんが、なるべく「胸を出しやすい」ように、特にトップスを工夫したいと思うようになるはずです。

そこで、絶対に使える授乳服のタイプは以下の3つにまとめられます。

授乳用キャミソール/タンクトップ

お家でのリラックスタイムでも、外出やフォーマルシーンでも、絶対にマストなのが授乳用インナー。

上に着ている洋服をまくった際に、授乳用インナーならさっと引き下ろすだけで胸を出すことができ、スムーズに授乳ができます。

日常や子育て広場へのお出かけ程度なら、授乳用インナー+普通のTシャツやトップスを合わせてもOK。

もっと改まった場に出かける際は、授乳口付きのトップスやワンピースと合わせることで、慣れない場所でも快適に授乳ができます。

授乳口付きTシャツ/プルオーバー/チュニック

ママ友のお家や、ショッピングセンターなど休日のお出かけに便利なのが、授乳口付きのトップス。

授乳ケープと併用することで、レストランやカフェなど授乳室がない場所でも、周りの目を気にせず授乳することができます。

特に、丈が長めのチュニックは産後の体型も自然にカバーしてくれるのでオススメです。

授乳口付きワンピース

お宮参りや赤ちゃんのお披露目、親族の結婚式など、ちょっとオシャレして出かける必要がある際にマストなのが授乳口付きのワンピース。

普通のワンピースを着たとすると、裾からすべてまくるか、上半身を脱ぐか、どちらにしても半裸の状態で授乳することになってしまいますよね。

トップスなどは授乳口付きのものを購入せず、手持ちのもので間に合わせるというママも、ワンピースだけは購入するという場合も多いようです。

授乳期間中ヘビロテできる!?「本当に使える」授乳服とは

夜中の授乳や外出、フォーマルなどさまざまなシーンで必要となる授乳服。

最近ではネット通販などでも、豊富な種類やデザインの授乳服が販売されています。

以前に比べて選択肢が多いのは嬉しいことですが、何を基準に選べばよいのか、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで、買った後に後悔しないための授乳服の選び方を伝授しましょう!

肌触りが良いもの

赤ちゃんの敏感な肌に直接触れることになるものですから、肌触りがよく、チクチクしない生地ということがとても重要です。

綿100%やシルクなどの素材なら間違いはありませんが、化学繊維の場合でも、肌触りについて口コミをよく見て選びましょう。

自宅で洗える

授乳服は、授乳中毎日のように使うものですから、母乳や汗で日常的に汚れます。

洗濯機でガンガン洗っても生地を傷めないものが便利で、使い勝手がよいでしょう。

胸をスムーズに出せる

赤ちゃんがお腹をすかせて泣いていることの多い授乳タイム。

ファスナーやボタンなどで授乳口が開閉しやすく、また大きく開くかどうかがチェックポイント。

授乳服の販売サイトでは、たいてい授乳口部分の写真も掲載していますから、自分が出しやすいと思うタイプのものを選びましょう。

この3点が守られていれば、あとは好きなデザインのものを選んでOK。

授乳中だからといって遠慮することはありません。

自分好みのファッションでお出かけしてくださいね♪

ステキな授乳服ゲット! ウェブショップBest3

1位!
ミルクティー

  • アイテムの
    豊富さはなまる
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンスはなまる

2位
ミル・フェルム

  • アイテムの
    豊富さ△
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンス◎

3位
モーハウス

  • アイテムの
    豊富さ△
  • 品質の
    高さはなまる
  • コスト
    パフォーマンス○
Pagetop